Blog Archives

破壊 (蛙の話)

<<< ぬるま湯の場合 >>>

 生きた蛙と水を鍋に入れて火にかけます。だんだん水が温かくなってきました。

 蛙A:「何かおかしいぞ、ここから出よう」
 蛙B:「でも暖かくて気持ちいいよ」
 蛙A:「もっと熱くなったらどうするんだ」
 蛙B:「そんなこと言ってもみんな気持ちいいって言ってるから」
 蛙A:「それでいいのか? 僕はこの鍋から出るよ」

 水が熱くなってきました。

 蛙B:「Aが言っていたとおり熱くなってきたなー」
 蛙C:「そうだなー」
 蛙B:「でもみんなまだ入っているから何とかなるんじゃない」
 蛙C:「たぶんそうだよ」
 蛙D:「僕もそう思う」
 蛙E:「そうそう」
 蛙F:「みんなが言うから大丈夫」

 蛙B:「・・・・・・」
 蛙C:「・・・・・・・・」
 蛙D:「・・・」
 蛙E:「・・・・・」
 蛙F:「・・・・・・・」

 変化を感じ取る感性の高さと行動の早さが運命を分けます。現実の世界では、鍋から出た蛙が幸せになったかどうかは分かりませんが自分の判断で行動し結果を受け入れることが、新たな困難を解決する能力になるのだと思います。

<<< 熱いお湯の場合 >>>

 熱いお湯に生きた蛙を入れます。
 
 蛙A:「あっちー、早く出よう」
 蛙B:「あついー、出よう出よう」
 蛙C:「ちょっと待ってー熱いよー」

感性が低くても急激な変化には気が付きます。

<<< おまけ >>>

 蛙に「飛べ」と言うと飛びました。次に、蛙の足を切り落とし「飛べ」と叫んでも蛙は跳びません。蛙は足を切ると耳が聞こえなくなるのです。

 実際には蛙は足が無いから飛べないのです。しかし、上のような解釈をしても間違いだとは証明できません。何事も入力と出力から内部の構造を探り、その結果を基に次に起こる事を予測するのです。この繰り返しにより正確な未来予知が可能になります。既成概念は不要です。論理的に物事を考える事で未経験の困難も乗り越えることができるのです。(2004年3月)

noteには他にもたくさん書いていますのでよかったら見てください。

Category: 書き物

破壊 (メタンハイドレート)

 バミューダ海域の魔の三角地帯でよく船が行方不明になります。その理由は、海底にある個体のメタンガスが原因という説があります。メタンガスが低温と水圧で固体の状態で海底に眠っているのです。埋蔵量は石油より多いと推測されています。それが地震など何らかの原因で海水に触れて気化し泡になって海面に現れるのです。船は泡の上を進むと非常に不安定になり転覆することがあります。私の趣味はウィンドサーフィンですが波が砕け泡になった海面を進むと不安定になります。その理由はボードの下に出ているフィンが
水の抵抗を受けなくなるからです。ただのイカダ状態になるのです。

<<< 燃料電池 >>>
 燃料電池の燃料は水素またはメタンガスなどです。水素用の燃料電池は高価なので今後メタンガス(メタノールなど)の燃料電池が普及すると思われます。水素を作るには石油を燃やし発電し水を電気分解する必要があります。結局、石油を燃やすのです。メタンガスの場合メタンハイドレートを掘れば手に入るので、燃料も安く済みます。但し、メタンガスを燃料電池で燃やした後は、水以外に二酸化炭素が排出されます。燃料電池は環境に優しいといっていますが化石燃料を燃やすことに変わりなく二酸化炭素の排出量が少し減る程度です。化石燃料以外で水素を作るようになるまでは本格的な実用化ではないと思います。

<<< 核融合炉 >>>
 現在、核融合実験炉の建設場所を日本の六ヶ所村と欧州のどちらにするかで綱引きしています。ドイツは、資源や環境のことも考慮して、物の経済的価値と物理的価値を税制によって一致させています。私は、そのようなことができた国が主導権を持っている欧州に置くのが良いと思います。日本に置くことは子供に機関銃を持たせるようなものかも知れません。

<<< エネルギー戦争 >>
 メタンハイドレートは海底にあります。おもに公海上です。これが採掘できるようになると利権は海にあるので、現在のような油田争奪戦のような地上での戦争は減るのではないでしょうか。採掘する場合、空気中の二酸化炭素から炭素だけを取り出し個体にして海底に沈める事を義務づけると良いと思います。地底に眠っていた炭素を掘り起こし燃やして空気中にまき散らしたことが温暖化の原因です。二酸化炭素を減らそうとドライアイスを作り海底に沈めれば酸素も一緒に埋めることになります。埋めるのは炭素だけでよいのです。自然に炭素を持ったまま地下に埋まっていく物があります。それは植物です。空気中の二酸化炭素を吸収し酸素をはき出すので、炭素だけが植物に残るのです。その炭素を地中に埋めれば温暖化は防止できます。

<<< 未来予知 >>>
 このような大きなエネルギーや資源の動きを観察していくと近い将来から遠い将来までが見えるのです。1m定規で10cmの直線を引くように常に目線を高くして遠くが見えるようにしておきたいものです。(2004年2月)

noteには他にもたくさん書いていますのでよかったら見てください。

Category: 書き物

破壊 (ベンチャー企業)

 10年ほど前からベンチャー企業ブームがありました。しかし、ベンチャー企業という会社は無いのです。普通、会社は、有限会社か株式会社なのです。誰かが勝手にベンチャー企業と呼んだだけなのです。「新しいことを始めたベンチャー企業は儲かる」と欲に目がくらんで投資した人たちは今頃何をしているのでしょうか。数年前、私の会社を訪ねてきた人が「私も自分のお金をベンチャー企業に投資しています」と言っていましたが、目が血走っていました。冷静に成功の確率や損益を考えているのだろうか、と心配になりましたが、本人の満足を壊す必要もないので放っておきました。
 最近になって、やっとベンチャーブームも静かになったような気がします。ほとんどが消滅したのだと思います。その理由は、たぶん情理一体の経営ができていないのだと思います。情とは、夢のことです。理とはお金や経営のことです。通常、経営者の頭の中で情が社長になったり、理が社長になったり状況を見て臨機応変に対応しなければなりません。倒産するベンチャー企業は情が社長を独占しているのです。しかし、夢は食えないのです。また、お金だけを追っていくと道が行き止まりになっている事に気が付きません。どちらも必要です。優秀な経営者とはこの二つのバランスが取れた人だと思います。
 私は、お金が無くなると理に社長を譲ります。そして手っ取り早く利益を生んで、情に社長の座を譲るのです。その手っ取り早く利益を生む方法は、売れる物を作って売ることです。情が社長を独占すると事業の仕様を先に決定できません。「こんな製品ができたからどうやって売ろうか」という状態に陥るのです。ベンチャー企業が陥りやすい投資が先行するパターンです。
 私は年商約1兆円の企業と顧問契約していた時期があるので分かるのですが、投資が先行する悪いパターンは大企業にもあります。先日、ある商社の役員から「この事業成功すると思いますか?」と聞かれました。すでに2億円投資をした後に何を言っているのだろうと思いました。東南アジアの会社に出資して日本での販売権を得たそうです。それで安く電子部品を販売できるとのことです。しかし、日本の電子部品メーカーが価格を下げればひとたまりもないことは明らかです。勝つための戦略が無いのに投資を先行してしまったのです。この程度のことなら私に顧問料100万円払ってくれれば2億円の支払いを止めたのにと思ったものです。その商社はグループ全体で大きな売上げがありますが、とうとう赤字になったそうです。今回2億円という少額だったので良かったのですが、これが積み重なるといくら大きな企業でもいずれは消滅します。私はその商社から週に2日商品企画の仕事を手伝ってほしいと言われていたのですが断りました。
 今回この商社の場合、その特殊な電子部品の販売権を得るのではなく、その部品を使った商品企画や特許などの知的財産を持つことが正解だったと思います。2億円も知的財産に投資すれば時間をかけずに強力なものが買えます。特に日本では知的財産は安いので会社でも特許でも技術でも何でも買えるのです。但し、技術の経済的価値が分かる技術者と知財の仕入れから製品の販売までを統括する戦略家を付けなければならないと思います。(2004年1月)

noteには他にもたくさん書いていますのでよかったら見てください。

Category: 書き物

破壊 (借金返済)

 常識では、お金を借りると借りた人が返済しなければなりません。中小企業ではお金を借りるとき社長が個人保証します。そこで、国債を発行するときは総理大臣が個人保証するというのはいかがでしょうか。県債の場合は知事が個人保証します。但し、借りたお金で投資をする場合、利益が出たときは成功報酬を支払い、損失が発生したときは補償するのがよいと思います。使途は公共投資なので効果は長期間にわたります。そこで、補償の義務と成功報酬を受け取る権利を保証人の子孫に受け継がせるのがよいと思います。それくらいの覚悟を持った人でないと立候補してはいけないと思います。また、役人や政治家は、それくらい真剣に考えて国を経営すべきだと思います。良く選挙運動中に候補者が有権者に投票をお願いしているのを見て、不思議に思います。なぜ国民のために働こうとしている人が有権者にお願いするのでしょうか。有権者が候補者にいろいろな問題解決をお願いするのが普通ではないでしょうか。
 このような個人保証という制度も使いながら、努力を積み重ね借金の額を減らしていき、どうしても返済できない借金は国の株として売却すればよいと思います。国の株とは投票権だと思います。国債の償還100万円を放棄すると生涯投票権が1票もらえるという制度はいかがでしょうか。20代、30代の人は買わないでしょうから20~30年で借金が無くなります。法人にも投票権を持たせ納税額により票数が決まるようにすれば、お金と口がセットになります。そこで初めてフィードバック制御が働くのです。現在は、フィードバックの無い制御で学習機能はありません。
 そのようなことをすると貧富の差が開くので最低限の社会保障は必要ですが、伸びる人をもっと伸ばす政策も必要だと思います。誰でも知っていることですが、収入以下で生活しないと、いずれ破綻します。それにしても返すあてのない国債をこれだけ発行するということは、公務員や政治家は引き算ができないのでしょうか。公務員を採用するときや選挙に立候補できる人の資格は小学校卒業以上の学力を有するものと決めてはいかがでしょうか。

<<< 借金の理由 >>>
 開発が完了した国を先進国といい、開発が完了していない国を発展途上国といいます。日本はまだ高速道路や新幹線の整備を進めている途中です。早く開発が完了し先進国になれば良いと思います。また効率をあげて借金を減らすことができるのではないでしょうか。では、どんな状態を開発完了というのでしょうか。それは決まっていないと思います。自分で完了したと思えば完了です。

<<< 借金とは >>>
 借金とは人間が作り出したマジックです。お金を基準に物事を考えると資源やエネルギーが無限にあるように感じてしまいます。しかし、いつかどこかで清算するときが来るのです。そのとき困らないようにしておくのも一つの方法です。困るのは自分たちの子供や孫です。家賃の高いオンボロアパートからはみんな出て行きます。(2003年12月)

noteには他にもたくさん書いていますのでよかったら見てください。

Category: 書き物

破壊 (成果と報酬)

 サラリーマンであれ社長であれ自分が出した成果によって報酬が支払われなければなりません。成果から算出される報酬はそれぞれの会社によって違うが算出される根拠は報酬を受け取る側に公開されなければならないと思います。そのような理由から私は1つの事業が完成したときに担当者を雇うのではなく別の会社を設立し社長を募集しました。報酬の額を自分で決めてもらおうと思ったのです。これならどちらからも不満は出ないし報酬の上限もありません。
 以前、社内をすべて計算式で組み立てようと思った事があります。売上げを元にそれぞれの担当者の報酬が決まります。どうやって安い給料で社員をこき使おうか、などと考えてはいけないのです。どれだけの成果を出せばどれだけの報酬が得られるのかを明確にすれば努力する社員は努力するし、そうでない社員はそうでない報酬を得られます。会社側からすれば売上げが落ちれば経費が減るのです。経営者の仕事は報酬を算出する計算式の定数や変数または計算式そのものを調整する事だと思います。
 数年前、機械部品の直販メーカーM社のT取締役が金沢で講演しました。受講料が千円で以前から興味ある会社だったので受講しました。M社はプロジェクトリーダーを決めプロジェクトリーダーがメンバーを採用します。プロジェクトリーダーは社内、社外を問わずメンバーを採用できます。そのプロジェクトの損益によってプロジェクトリーダーやメンバーの報酬が決まります。メンバーを増やせば経費が増えるのでプロジェクト全体の利益が減ることになります。以前テレビでも紹介されたと思いますが、あるプロジェクトリーダーが社長よりボーナスが多かったときがありました。私はそれでよいと思います。最初に始めたから儲かるとか、上にいるから儲かるというのは、ネズミ講のようです。あくまで成果によって報酬を決めるべきだと思います。
 私にはその講演がとてもおもしろく納得できるものでした。しかし、そんなM社を作り上げたノウハウを一人千円で公開しても良いのか?と心配になりました。この内容なら一人10万円ほど払わないとダメなのではないかと思った。講演が終わり受講者がすべて会場から出て行くのを確認して、私はT取締役のところへ行き「この講演の受講料は千円なんです。こんなノウハウを話して良いんですか?」と聞きました。T取締役は「いいんです。皆さん言葉を理解しても魂まで理解できませんから」、私は「なーんだ分かっていたのか。さすがT取締役だな」と思いました。それと同時に、その自信からにじみ出るT取締役の努力の大きさを感じました。
 ところで、プロジェクトが解散したらメンバーは別のプロジェクトに参加するのですが、どのプロジェクトからも声がかからない社員はM社を退社することになります。報酬の上限が無い代わりに下限もないのです。1年後、また何かのプロジェクトから声がかかれば、M社の社員になります。M社は人を雇っているのではなく能力を仕入れているのです。私はこのようなドライな雰囲気が好きです。またM社は議論できる環境がありメンバー全員が目的達成のため全力を尽くせるのだと思います。そろそろ日本人も個人事業主の感覚が必要になってきました。 (2003年11月)

noteには他にもたくさん書いていますのでよかったら見てください。

Category: 書き物

破壊 (摩擦ゼロの世界)

 昔、サラリーマンをしていた頃(1993年)、一般の人がインターネットという言葉も知らず、プロバイダーも営業していない時期にパソコン通信版のオークションサイトを開設しました。全国にアクセスポイントが無い状態で数千人にDMを送ったところ5%の登録がありました。これはヒットする予感がしました。運営費は落札価格の3%です。(後のYahooオークションと同じ)これを運営してみて”摩擦ゼロの世界”を感じました。
 その後、私は務めていた会社をクビ(会社都合の解雇)になったためメーカーを立ち上げオークションサイトは中止していました。住宅ローンがあったためすぐに売上が必要だったのです。それにまだプロバイダーというインフラが整っていなかったのが大きな原因でした。5年以上は赤字が続くと思っていました。もうひとつ必要なものはアクセスポイントと簡単に画像を見るブラウザでした。そのころブラウザはモザイクというソフトしかありませんでした。後のネットスケープコミュニケーションズのメンバーが開発したものです。
 独立後、製品を開発し建設機械業界でメーカーとしてスタートしました。当初、建設機械メーカーのK社の販路に乗せました。最初の取引は私が30万円で卸した製品はK社からユーザーへ80万円で販売されました。これだけ利益を取るのだから製品の説明や営業はすべてK社がやるものだと思っていました。現実は、違い私が全国のK社販売店を訪問しなければならなかったのです。これなら直販した方が良いと感じました。まさに”摩擦の世界”です。その後、建設機械メーカーのC社や東京のM商事と取引するようになりました。M商事の取り分は5%でした。その代わり私が営業やユーザーサポートを行いました。これは妥当な取引だと思いました。代金回収のみ行う商社へ支払うマージンは5%程度が妥当だと思います。
 現在(2003年当時)これだけインターネットと宅急便が発達してしまうとK社のような商社は不要になります。また社名に”ダイレクト”を付けるメーカーが増えてきました。ユーザーも賢くなり同じ物だったら安く買う方が良いことに気が付きました。物を仕入れて利益を乗せて販売する仕事は不要です。メーカーのコンピュータで顧客管理すればよいのです。メーカーは売れる物を作ってユーザーに売ればよいのです。だからといって商社は廃業する必要はありません。商社は商社にしかできない仕事があります。例えば、メーカーの在庫負担を肩代わりするとか、自社のユーザーに宣伝するとか、良いアイディアを持っているメーカーへ開発費を提供するとかです。その対価として独占販売権を得るのも良いでしょう。利益とリスクはセットなのです。これからは利益だけ取る商売は無くなります。
 最近(2003年頃)販売したデジカメスタジオという商品はYahooオークションだけで3ヶ月で約1500個売れました。東南アジアや欧米からも注文が入りました。とても簡単な商売でした。しかし、商社へは提案しませんでした。分からない人に知らない物を説明する時間がもったいないのです。しかし、ユーザーはすぐに反応しました。その後、売れる証拠(販売実績)ができたので他社へ特許譲渡しましたが、販売前に製品を見せて売れる事を理解する商社は無いと思います。パイオニア精神は0です。しかし、コンビニのバイヤーは別です。ヒット商品は自社のコンビニで最初に販売したいと思っています。これからは特別な場合を除いて売り手と買い手が直結します。間にある摩擦は運賃のみです。

noteには他にもたくさん書いていますのでよかったら見てください。

Category: 書き物