2011年のツールドのと

今日、主催者である北国新聞の事業局へ行ってきました。
知り合いが担当者と友達だったので一緒に行ってきました。
昨年はスタート順を最初の方にしてほしかったので早くに申し込んでゼッケン6番をもらいました。
そしたら2日目(最長距離)はゼッケンの大きい順にスタートする事になってしまいました。
それで文句を言ったのですが、それを聞いてくれた人が現れました。
「あーそういえば何人かに苦情を言われましたよ」
「私もその一人です」
ってことが分かりました。
それで、いろいろ提案してきました。
・開会式と閉会式に吹奏楽の生演奏を入れたらどうか。
・ネットで動画生中継をやったらどうか。
・指導の自転車に中継用カメラを乗せたり休息ポイントでの生中継を入れる。
  (これで全国の人に見せることができる。)
・円山峠の登りでタイム計測し翌日は早い順にスタートする。
などなど他にもいろいろ提案してきました。
関係者の方と直接話ができて良かったです。
Category: 自転車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です