破壊 (メタンハイドレート)

 バミューダ海域の魔の三角地帯でよく船が行方不明になります。その理由は、海底にある個体のメタンガスが原因という説があります。メタンガスが低温と水圧で固体の状態で海底に眠っているのです。埋蔵量は石油より多いと推測されています。それが地震など何らかの原因で海水に触れて気化し泡になって海面に現れるのです。船は泡の上を進むと非常に不安定になり転覆することがあります。私の趣味はウィンドサーフィンですが波が砕け泡になった海面を進むと不安定になります。その理由はボードの下に出ているフィンが
水の抵抗を受けなくなるからです。ただのイカダ状態になるのです。

<<< 燃料電池 >>>
 燃料電池の燃料は水素またはメタンガスなどです。水素用の燃料電池は高価なので今後メタンガス(メタノールなど)の燃料電池が普及すると思われます。水素を作るには石油を燃やし発電し水を電気分解する必要があります。結局、石油を燃やすのです。メタンガスの場合メタンハイドレートを掘れば手に入るので、燃料も安く済みます。但し、メタンガスを燃料電池で燃やした後は、水以外に二酸化炭素が排出されます。燃料電池は環境に優しいといっていますが化石燃料を燃やすことに変わりなく二酸化炭素の排出量が少し減る程度です。化石燃料以外で水素を作るようになるまでは本格的な実用化ではないと思います。

<<< 核融合炉 >>>
 現在、核融合実験炉の建設場所を日本の六ヶ所村と欧州のどちらにするかで綱引きしています。ドイツは、資源や環境のことも考慮して、物の経済的価値と物理的価値を税制によって一致させています。私は、そのようなことができた国が主導権を持っている欧州に置くのが良いと思います。日本に置くことは子供に機関銃を持たせるようなものかも知れません。

<<< エネルギー戦争 >>
 メタンハイドレートは海底にあります。おもに公海上です。これが採掘できるようになると利権は海にあるので、現在のような油田争奪戦のような地上での戦争は減るのではないでしょうか。採掘する場合、空気中の二酸化炭素から炭素だけを取り出し個体にして海底に沈める事を義務づけると良いと思います。地底に眠っていた炭素を掘り起こし燃やして空気中にまき散らしたことが温暖化の原因です。二酸化炭素を減らそうとドライアイスを作り海底に沈めれば酸素も一緒に埋めることになります。埋めるのは炭素だけでよいのです。自然に炭素を持ったまま地下に埋まっていく物があります。それは植物です。空気中の二酸化炭素を吸収し酸素をはき出すので、炭素だけが植物に残るのです。その炭素を地中に埋めれば温暖化は防止できます。

<<< 未来予知 >>>
 このような大きなエネルギーや資源の動きを観察していくと近い将来から遠い将来までが見えるのです。1m定規で10cmの直線を引くように常に目線を高くして遠くが見えるようにしておきたいものです。(2004年2月)

noteには他にもたくさん書いていますのでよかったら見てください。

Category: 書き物
Comments are disabled