音響特性を測定しました。

透過損失測定

吸音率測定
性能を測定しました。
透過損失は35dB(500Hz)でした。音の大きさでいうと約1/2000になります。
これはYAMAHAのアビテックスという防音個室の上位機種と同じ性能です。
内外装を施して製品にすればYAMAHAを抜く事は分かりました。
1KHzの透過損失はなんと40dBでした。それも紙で。(約1/8000)
びっくりしたな~
30dBは越えると思っていたけど35や40dBという値が出るとはビックリしました。
まだまだ性能を上げる手はたくさん準備してあるので余裕たっぷりです。
吸音率は0.5でした。(500Hz)
当たった音の半分は吸収されるという事です。
それも吸音材を使わずに。
通常は、吸音率というのは周波数によって変化します。
でもこの方式は周波数が変化しても吸音率を一定に保てるかも知れません。
実験してそう確信しました。
そうすると音色を変えずに音量だけ小さくできます。
何かの楽器に使えるかも知れませんね。
例えば、音色が変わらないトランペットのミュートとか。(必要かどうか分かりませんが)
Category: 仕事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です