Blog Archives

創造_考えるとは?

帝国ニュース北陸版(出典:帝国データバンク発行 帝国ニュース北陸版)

株式会社ソロモン 代表取締役 砂原康治 (商品開発アドバイザー)

 これまで商品を企画して販売する事を書いて きましたが、どの作業にも必要になる、“考える”とは何かを説明してみたいと思います。
先日、29回目の創業記念日を迎えました。決算回数は過去に清算した会社も含め33回になり ます。 1つの会社で40歳で社長に就任し、70歳で引退する方より経験だけは多い事になりま す。 その間、特許出願50件に対し10件販売しました。40回起業に失敗し10回成功したということです。その間、色々なことに悩み、解決策を考えてきました。そのうち「考えるとは何なのか?」と考えるようになり、これも自動化できないものかと思うようになりました。
計画を実行して結果が出たとき、どのような 行程を経由して答えにたどり着いたのか、 多くの分岐点において他の選択肢は無かったのかと毎回検証しました。このように検証していくと、経験値が増えていきます。そして同じ失敗をする確率が減っていき、正しい判断をする確率が上がっていきます。これは、計算式が鍛えられ正しい結果を出せる式に成長したということです。いわばニューロです。ニューロの計算式に多くの経験を積ませれば、時々未知の問題を入れても正しい答えを出すようになります。これが未来予知です。
 現在、プリント基板のパターン設計をある程度自動で行うことができます。操作する人のノウハウが徐々に蓄積されいきます。その戦略ファイルを鍛えれば、ほとんどの設計を自動化できます。そうなると、その戦略ファイルは同じCADを持っている若い企業 にとって価値あるものになります。経験値を売 ることができるのです。これは一部の分野での 話ですが、他の分野でも同様の事が起こっていると思います。人間の脳はニューロといわれています。日本語を使う人は、日本語で物事を考え計算します。ニューロである脳を使って、日本語OSを動かし、アプリケーションであるニューロを演じるのです。そして、経験値を積んで未知の問題に対し正しい答えを出すのです。
 昔、数学の先生が最初の授業で「何のために数学を勉強するのか」を説明しました。「今起こっていることを数式にして理解し、次に自分がどのように行動すれば良いか判断するために「数学を勉強する」でした。しかし、数式に組み込むことが難しいのが人の気持ちです。例えば、商社に自社製品を提案に行ったとき、商社の担当者の個人的な好き嫌いで扱ってもらえない場合があります。自社の計算では需要があると判断したにも関わらずです。 そういう不確定要素を省くためにも、ユーザーへの直販をお勧めします。分からない人に知らない物を説明し、その結果を自社の経験値に反映させていては、マーケティング能力が破壊されます。
 物事を考える秘訣は、 「曖昧な単語を使わない」 「文章の最後は言い切る」の2点だと思います。この点でも日本語は不利な気がするので、意識して単純な単語と文章で計算することを心がければ良いと思います。

登録名義人の表示変更登録申請書の作成

登録名義人の表示変更登録申請書

特許庁から住所が違うと連絡がありました。特許3件の登録を変更することになりました。

ひな形があるので作成してプリントアウトしました。印鑑証明書は月曜日に取りに行ってきます。

これは特許を他者へ譲渡したときに使うものではなく単に特許権者の住所が変わったとき使うものです。

特許を売ったときは違う様式になります。

特許番号を間違えないように特許料納付書からコピペしました。

しかし、念のため目で見て確認します。

普段、弁理士を使っていないのでこんな手続きは自分でしないといけませんが、安く早く完了します。

プリントしてハンコを押して郵送するだけなので弁理士にお願いする時間とあまり変わりません。

サーモスタット不良です。

C204

やはりサーモスタット不良です。正常値は90℃です。

以前から分かっていたのですがオーバークールなのでそのままにしていましたが、そろそろサーモスタットを交換しようと思います。

水温が低いと燃料が濃くなるので燃費が落ちます。

しかし、オーバーヒートでなくてよかった。閉じ不良ですね。

グッドデザイン賞に応募しました。

グッドデザイン賞に応募しました。

前回、グッドデザイン賞を受賞したのは、2000年度です。あれから22年も経過したとは、時間の流れは早いものです。

グッドデザイン賞応募

今回は、冷却ペットボトルカバーです。

2021年は4000個以上売れMakuakeマルシェに出展できました。今年も3月から売れ始め一瞬で在庫切れです。冷却機能をもったボトルカバーは存在しないので応募してみることにしました。

前回、受賞したとき感じたのは、技術的に高度な物や複雑な物でなくてもスマートで斬新なアイディアがあれば受賞できると思いました。

どうなるか分かりませんが応募は完了したので結果を待ちます。

とりあえず1次審査通過を期待しています。

22年前は赤坂プリンスホテルで授賞式がありました。沖縄出張から直接会場へ向かいました。

今回、受賞できたらGマークを付けて販売してみようと思います。

5月21日は29回目の創業記念日でした。

5月21日は29回目の創業記念日でした。決算回数は、33回です。自社ブランドの自社製品をもつメーカーとして起業して29年目に入りました。

現在58歳ですが、40歳で社長に就任し70歳で引退する社長より経験だけは豊富です。

下請けはしないと誓い、自社ブランドの自社製品のメーカーとして営業してきました。世の中を見渡し商品を考え実現する発明をし特許を登録し、設計製造販売とユーザーサポートを行ってきました。

やってみると一人あたり1億円の売上は達成できました。

これまでに販売したものは、アイディア、特許、製品、事業、ノウハウです。

どの段階でも販売してきました。

景気不景気に左右されたことはありません。ただ売れる物を作って売れば良いだけです。

冷却ペットボトルカバーはamazonも欠品です。

amazon欠品

冷却ペットボトルカバーはamazonも欠品しました。こんなに早く売れるとは思っていなかったので製造が追いつきません。

5月末には追加生産分が完成する予定です。まず、MakuakeSTOREの受注分を発送します。そのあとamazonFBAへ補充します。

3月頃からポツポツ売れ始めたのですが、4月に入り急激に販売量が増えMakuakeSTOREが欠品したのでamazonFBAから在庫を引き上げてMakuake分として発送していましたが、ついに全ての在庫が無くなりました。

ご注文の皆様、5月末の出荷までしばらくお待ちください。