Blog Archives

創造_独占する方法

帝国ニュース北陸版(出典:帝国データバンク発行 帝国ニュース北陸版)

 ここまで製品仕様を決める方法を説明してきました。しかし、製品を製造販売しても独占しなくては利益になりません。他社が同じような物を安く販売するからです。
 1995年、起業直後にマイコン制御で動作する製品のメーカーをやっていました。外注に払った設計費の総額は1千万円です。製品単価は40万円ほどでした。初年度1人で1億円以上売り上げました。ユーザーサポートも大変でしたが何とかこなすことができました。
 インターネットが使えるようになり紙製品を販売したことがあります。3ヶ月間で650万円の利益が出ました。この二つを比べてみたとき気づいたことがあります。何を売っても、もらった1万円札は同じだということです。ならば開発費が安い物の方が効率が良いのです。しかし、開発費が安い物は単純な物が多く、すぐに真似されます。そこで特許が必要になります。特許登録までに数十万円かかったとしても開発費に1千万円より遙かに安いのです。
 まず特許を取るためには、これまでにどのような出願があるのか先行技術を調査する必要があります。JplatPatというサイトで検索可能です。ここでの調査が成功と失敗を分けます。私は、現在先行技術調査に慣れたので特許登録率は100%です。調査し出願しているので当たり前です。通常特許の権利は、過去にあった技術と今回開発した技術の境界まで取得できるものと思われています。しかし、出願明細書に正直にそのような権利範囲を書いても審査官は、拒絶する理由を何か探さなければいけないのです。そこで境界を境に権利範囲を主張しても審査官に押されて譲歩する必要が出てきます。そして本来取れるべき権利範囲から一歩引き下がった権利範囲が特許になってしまいます。この対策としては、主張する権利範囲を境界よりも少し押し気味に書くことです。そうすると審査官は、「ここ出過ぎ」とそこを理由に拒絶理由通知を送ってきます。そうなればストーリー通りで「・・は審査官殿の仰るとおりです。・・・」というふうに訂正し当初目標の権利範囲の特許を取得します。このような審査官とのやりとりは出願時点で想定しておきます。ですから出願明細には審査官とのやりとりの台本を盛り込むのです。脚本家の才能も必要なのです。特許のプロからは「また審査官を騙したのか?」とよく言われます。
 製品が完成し特許も登録になれば仕事は完了です。あとは作って売る作業に入ります。作って売ることは仕事ではなく作業です。他社を排除し独占状態で自社製品を売るブルーオーシャンになります。私は、ブルーオーシャンしか経験がありません。そしてやめる時期も自分で決めます。始まったものは必ず終わるのです。勝って終わる決断力が必要です。


冷却ペットボトルカバーは、蔦屋での店頭販売を行っています。

蔦屋(TSUTAYA)での店頭販売風景

蔦屋書店熊本三年坂店「Makuake SHOP」で店頭販売を行っています。

右奥のブルーのボトルカバーです。500ml用を展示してあります。

以前、ボトルカバーとは別の商品を東急ハンズで販売していたことがありますが、あまり売れないというのが感想です。

それよりネット上での露出をどうするかに頭と時間を使った方が効率的だと思います。でもせっかく声をかけて頂いたのでチャンスと思い販売をお願いしました。

私の目的は、Makuakeにて製品販売を行いこの冷却技術を多くの人に知って頂き特許を普及させることです。物を作って売るメーカーは常時行っているわけではなく技術の宣伝のために行っています。権利が売れるとその事業は終了します。

最近、冷却に関する相談が多くなりました。いろいろな分野で冷却が必要になってきたようです。

Category: 普段の生活

アマチュア無線局の再免許受け取りました。

北陸総合通信局

アマチュア無線局の再免許を受け取りに行ってきました。

5年に1回なので毎回受け取りに行ってます。

通常は郵送してもらう人がほとんどだと思います。

私の免許はHFから1.2GHzまで電波を出せます。20代の頃1.2GHz帯の無線機が市販されたときすぐに書いました。

そこで出会った人はなかなか貴重な存在です。

電話、インターネットなどが止まったときインフラがなくても遠方と直接交信できるのがおもしろいと思っています。

創造_仕様の決め方

帝国ニュース北陸版 に2回目が掲載されました。

創造_仕様の決め方(出典:帝国データバンク発行 帝国ニュース北陸版)

【仕様の決め方】

株式会社ソロモン 代表取締役 砂原康治 (商品開発アドバイザー)

 今回は、製品仕様の決め方について説明いたします。売れれば成功なので適当に決めても良いのですが、できるだけ長期的に成功の確率を上げたいところです。

 まず、1項目目は、会社の目的をはっきりさせます。会社の目的と違う物を作っていては何のメーカーか分からなくなります。それが消費者にも伝わってしまいます。ブランドイメージがボケるということです。

 2項目目は、外注の技術も含めて自社が使える技術をデータベース化します。これで、できることが決まります。

 3項目目は、何を作れば良いのか考えます。実際には考えるのではなくマッチングを行います。何とマッチングするかというと世の中にある製品の全カテゴリと自社技術をマッチングさせるのです。自社技術をどの分野へ使えば今までにない画期的な製品ができるかを考えるのです。頭に自社技術を置き1分間に20くらいの商品カテゴリをマッチングさせていきます。1回目はこのくらいのスピードでマッチングを行い、可能性がありそうな商品カテゴリをリストアップします。1万カテゴリくらいを検討すれば10や20は候補が残ると思います。

 4項目目は、製品の仕様を詰めていきます。会社の目的や企業理念と照らし合わせて当社の製品はこうあるべきという仕様を決めるのです。機能、性能、価格など詳細に決めます。設計するのではなくお客さんが欲しいと思う仕様を予測するのです。

 5項目目は、実際に設計製造できるか検討します。そして目標の価格に入るかどうかも検討します。そこで合格した場合次に進みます。ここで原価が想定より高いと感じたときは直販すればよいのです。良い物が妥当な価格で消費者にとどけられます。直販のメリットは価格だけではありません。流通業者に新製品を提案すると”分からない人に知らない物”を説明することになり時間を浪費します。令和になりメーカーは直販が当たり前の時代になったと思います。

 6項目目は、同様の製品が販売されていないか調査します。調査した結果同様の製品が見つかった場合はさらに仕様をブラッシュアップします。ここでの注意点は、先に調査をしないことです。先に考えるのです。自分の考えを持ってから他社製品を見ます。そうしないと永久に後追いをし続け独自色を出せないまま時間が経過します。利益は知恵に付いています。

 ここまで具体的に製品を計算する手順ができていれば人間が行う必要はないと思っています。商品企画はコンピュータが行えば良いと思います。成績が良いソフトウェアの経験を積んだ戦略ファイルが価値を持ちそうです。


アマチュア無線の再免許

電波利用料納付

アマチュア無線の再免許を申請しました。

その前に、住所変更の手続きも行いました。

最近はwebですべて完了するようにできています。

IDとパスワードを忘れていましたが、ブラウザが覚えていてくれたのでログインできました。たまには良いこともあります。

まず、住所変更ですが、変更申請(届出)のタブから入って新住所を入力し送信します。簡単でした。

しかし、従事者免許と無線局免許状が必要です。従事者免許の免許証番号や無線局免許状の免許の番号が必要なためです。

次に、再免許申請から再免許を申請しました。これは免許期限の1年前から1ヶ月前の間に申請可能です。丁度10ヶ月前だったのでついでに申請しました。

免許状の受け取り方法は郵送してもらう方法と電波監理局へ受取に行く方法があります。

今回も”受取に行く”を選択しました。

なんとなくまた5年間電波を出せる免許をもらうのがうれしくて前回も行ってきました。

免許状を入れておくケースで良い物がないか探しています。移動する無線局なので常時持っている必要があります。

ちなみに私は現在HF~430MHzまで運用できるようになっています。

無線機は、少し古いですが八重洲無線のFT-100を使っています。先日まで自動車に取り付けていましたがほとんど使う事がないので自宅へ持ってきました。ベランダにHF~430MHz帯のアンテナを付けようと思っています。

ブラック透過型スクリーンの成型完了

アクリル製ブラック透過型スクリーンの成型が完了しました。予定数量問題なく成型できました。

数枚失敗する可能性がありましたが全数合格でした。

アクリル製ブラック透過型スクリーン

Makuakeにてクラウドファンディングが成功していたので規定サイズにカットして発送します。

大型のアクリル板なので梱包材も専用に製作しました。これは昔販売していたソニー製のリアプロジェクションテレビより遙かに明るく視野角が広いです。

このアクリル製スクリーンの用途は、会議室なのでの飛沫感染予防の仕切りです。衝立兼テレビ会議用スクリーンとして使用します。

テレビ会議はタブレットやノートパソコンを使い小さな画面を見ています。

それでは、向こうの雰囲気が伝わらないため大きな画面でテレビ会議ができると良いと思い企画しました。

他の用途ではホームシアターです。72インチ(16:9)サイズの物も製作しました。

裏から投影するので目の前でコントラストの良い大画面を見ることができます。

これはなかなか見応えあります。

ホームシアター用に購入された方も多いようです。用途はどうであれブラック透過型スクリーンの良さを知っていただければ良いと思います。