JANコード更新

JANコードを更新しました。

店舗で販売する商品のほとんどはPOSを通ります。

POSとはレジで商品についているバーコードを読んで金額が表示されるあれです。

メーカーにはメーカーコードが割り振られています。

(メーカーコード+商品コード+チェックコード) これがJANコードです。

商品コードはメーカーが独自に決めればよいのです。

そして読み取りミスを防ぐためにチェックコードを専用ソフトで生成します。

そのときあの見慣れたバーコードも生成されます。

それをパッケージデザインの時にイラストレーターに貼り付けて印刷データーにするのです。

このメーカーコードが重ならないように管理している組織があります。

それが流通システム開発センターです。

3年に一度更新します。

そうしないと使われていないメーカーコードが氾濫してしまいます。

うまく考えたビジネスだなと思いました。

流通するメーカーの数だけ3年に一度お金を徴収するシステムです。

私もこんなビジネスを考えたいです。

vocidrect

クワンソウ

Category: 製造
Comments are disabled