冷却ドリンクボトルカバーを作ってみました。

自転車用のドリンクボトルの中は熱くなりますよね。
昨年のツールドのと400では最高気温が連日36~37℃でした。
当然、ボトルの中の水は風呂のお湯みたいになりました。
そこで、冷えるボトルカバーを作ろうと思っていたのですが、今になってしまいました。
何回か実験したところ一番暑い日で下記のような結果になりました。
気温:35℃
普通のボトル内温度:38℃
冷却ボトルカバー使用:26℃
気温より8℃程度低くなり、普通のボトルより12℃低くなりました。
実際に飲んだ感想は、お湯と水の差です。
↓ 完成した製品の写真です。
↓ ボトル内の温度測定の一例です。
Yahooニュースにも載りました。
8月後半から店頭販売を開始します。amazonでも販売されると思います。
詳しい説明は下記になります。
Category: 自転車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です