Tag Archives: Makuake

Makuakeなどクラウドファンディングのページ作成は大変です。

最近はやりのMakuakeやキャンプファイヤーなどのクラウドファンディングのページ作成は案外大変です。

私は、5戦5勝ですが、原稿作成には時間がかかっています。隙間時間に作成するのもありますが、いろいろと資料をそろえたり外注先との見積書や契約書などの準備も必要です。

また会社の登記簿も必要になります。どこのクラウドファンディングも発行から半年以内のものが必要です。

まず先に考えないといけないことは全体のストーリーです。

このページを見た人がお金を出したいと思うようなページを作れば成功です。

1994年にネットオークションサイトをオープンしたときは世界征服前夜という感じでした。登録者数がすごく多かったのを覚えています。この事業はサーバーのプログラムが動いていれば利益になるのでやろうと思いました。

当時、特許を元に資金を集めて製品開発を行おうとしていたテーマがありました。これは今でいうクラウドファンディングの仕組みです。しかし、インターネットプロバイダーが営業していなく検索エンジンも無い時代でしたから広く薄く資金を集められませんでした。仮にハードソフトが整っていたとしても担当者の仕事が複雑で大変だなと思いました。それでクラウドファンディングはやろうとは思いませんでした。

最近やっと時代が追いついてきました。

簡単に資金を集めたり予約注文を取ったりできるようになりました。

キャンプファイヤー1回、Makuake4回使いましたが、やはり担当者は大変そうです。やらなくてよかったと思います。

クラウドファンディング成功の秘訣が一つあります。人が欲しいものをつくるということです。

これができればクラウドファンディングでなくても普通のネット直販でも売れると思います。

最近気づいたのですが、まだ昭和の営業を行っている会社が多いのです。たくさん製品を作らないと利益が出ないと思い自ら下請けを希望し「注文ちょうだい」というのです。

そうすると、利益は無くなります。私が発注者なら指し値します。

そうではなくて、アイディアに投資し商品化しユーザーに売れば良いのです。投資が必要なのです。

仕事とは投資に勝つこと。作業とは工賃をもらうこと。

リスクを負ったサラリーマンにはなりたくないですね。

メーカーになると不要になるものがあります。工場やそこで働く社員などです。

製造は誰でもできるので一番条件の合う会社へ発注すれば良いのです。よほど長く続く製品なら自社で製造しても良いかもしれません。

ということで、クラウドファンディングの話に戻ります。

ページ作成に必要なものは、写真、説明文、動画です。

実験データなども必要になってきます。ほしくなるような文章も必要です。楽しい動画も必要です。

これらを請け負う仕事もでてきたようです。金を掘る人にスコップを売る仕事です。その方が確実ですが労働が必要です。それも楽しいのですが私は自分の製品ならやりますが、他人の製品はよほど興味を引かないとやりたくないです。めんどくさいから。

クラウドファンディング2件同時に準備中

クラウドファンディングのプロジェクトを2件同時に準備しています。ゴールデンウィークがあり作業時間がとれました。助かりました。

商品の1つは、冷却ボトルカバーです。以前自転車用のボトルカバーとして商品化したのですが、ペットボトル用の需要も多いと思われるので商品化することにしました。

もう1つの商品は、アクリルのパーティションです。事務所内で透明なアクリルパーティションを使っていると思います。これと用途は同じです。

ただ今回は色と機能が違います。色は黒になります。黒いアクリル板です。但しプロジェクタースクリーンとして使用できます。それも裏から投影する透過型スクリーンです。これは、テレビ会議に使用できると思います。

コロナ禍では、パーティションとテレビ会議が必須となっています。

メインの商品は、40インチサイズのブラック透過型スクリーンです。しかし、個人向けの用途もあると思いますので72インチ(16:9)の商品も準備します。

この2つの商品を5月中旬からMakuakeでクラウドファンディング開始します。どうなるのか楽しみです。

できれば開始日に目標額を達成したいと思います。

Makuakeが混んでいるようです。

最近、Makuakeに申し込んでもなかなか返事が来ません。1週間待ったので再度申し込みしてみました。

これでも返事がなければ返事が来るまで毎日申し込みしてみます。

キャンプファイヤーも同時に申し込みしてみようか検討中です。どちらもアカウントあります。

キャンプファイヤーは6年前に1回成功しています。2つのクラウドファンディングを同時に使用しても問題ないので早く進められる方を優先して作業してみようと思います。

クラウドファンディング実施のアドバイス

5年前と2020年12月の2回クラウドファンディングを使い商品開発を行いました。

5年前はキャンプファイヤーを使いました。URLは下記になります。商品は、iPhone用ホーンスピーカーです。

https://youtu.be/r3E2Jk9at2Y
iPadステレオスピーカー

https://camp-fire.jp/projects/view/1534

今回、2020年12月に終了したクラウドファンディングは下記になります。商品はiPad用ステレオホーンスピーカーです。

https://www.makuake.com/project/stereo-phone/

2つのクラウドファンディング会社を利用しそれぞれの特徴を理解しました。私はアドバイザーも業務として行っています。もし会社としてクラウドファンディングを行ってみたい方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

商品開発から販売までアドバイスできると思います。私は、受け売りは行いませんので自分で実行してみた体験からアドバイスいたします。

20年以上前にクラウドファンディングを行ったときは、クラウドファンディング会社がないため支援者一人一人と契約書を作り実行しました。

いまでは、クラウドファンディングというインフラが充実したため薄く広く商品をPRしほしい方に商品を届けることができました。

昔思ったことは、発案者は開発費、販売力などすべての能力を持っているとは限らないということです。それをスムーズにたくさんの人の力を結集し商品化し世の中に行き渡らせる事ができるのがクラウドファンディングです。

キャンプファイヤー、Makuakeの2つを使った経験があります。今回(2020年12月)はMakuakeを使ってみました。