知識の提供だけでなく私が相談者だったらこうするだろうという知恵を出すのが砂原康治の仕事です。

アドバイザーといってもいろんな種類があると思います。

知識を提供するアドバイザーも多いと思います。

私の場合、商品開発という今までにないものを作るためのアドバイザーは常に未知の問題が持ち込まれます。

そんなときは、もし私が相談者だったらこうするという案を考えて提供します。

知識ではなく知恵を出します。

そこが他のアドバイザーの方との大きな違いだと思います。

未知の問題を考えるのが好きなアドバイザーです。

最善の方法は一つあるのでそれを算出することが仕事になります。

Comments are disabled