友人仙台から脱出完了

地震があった日、友人が日帰りで仙台に出張していました。

運良く当日は仙台市内のホテルに入れました。

停電していますが自家発電で照明、コンセント、ネット環境は使えました。これもラッキーでした。

当日夕方からフェースブックで一緒に脱出計画を練っていました。

太平洋側を使った公共交通機関はダメだと思ったので日本海側を考えました。

以前、東北を中心に製品を販売していたので土地勘が少しあり山形まで数十キロだと思いました。

その友人はバイクでパリダカにも出場経験があり50kmくらいだったら徒歩で向かおうかとも考えたそうです。

それよりヒッチハイクが良いのではないかと思いました。

山形へ移動し飛行機か日本海側のJRを使えないか提案したところ翌朝タクシーが拾えたので山形空港へ移動できました。

仙台から山形まではヒッチハイク、徒歩、自転車などを考えましたがタクシーが拾えたんですね。奇跡です。

夕方の便で伊丹空港へ出発できたとのことです。

電話やメールは使えませんがフェースブックとツイッターは不自由なく使えました。

今頃は伊丹空港から京都の自宅へ向かっているでしょう。

それにしてもてるぼうさんの状況が分かりませんね。

今日明日にでも石巻市の実家を見てくるとのことでした。

ツイッターを監視してみます。

Category: 東北の道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です