石川県吹奏楽コンクール

今日は、石川県吹奏楽コンクールでした。
高校A部門です。
金沢桜丘高校と小松明峰高校は順当に県代表になりました。
県代表は6校です。
そのうち北陸大会で勝ち抜いて普門館(全国大会)へ行けるのは北陸3県で2校です。
野球の甲子園より狭き門です。
一緒に行った方は桜丘高校の前の演奏から聴きました。
桜丘高校の演奏が始まったとき「これ同じ曲?」って言ってました。
「そらそうやろ」「あれだけ練習したんやから」
今年のコンクールが終わったら3年生が引退するのでうちの子はクラリネットのパートリーダーだそうです。
と同時に来年からは下の子も桜丘高校吹奏楽部に入るのでトランペットも助っ人参上かな。
今年4月には優秀な中学からもたくさん入部しているのでコンクールに出られない3年生や1年生でいきなりコンクールメンバーになったり下克上です。
コンクールを聴いて思ったことがあります。
審査員は採点して金銀銅賞が付くんですが、みんな1年間練習してきた成果の発表なんです。
どれを聴いてもウルウルしてしまいました。
全員に金賞をあげたいです。
Category: 音楽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です