出版社からの回答

”ふつうのおっさんがジャスコで買った4万円の自転車で挑戦したツールドのと454日”
の原稿を提出してあった出版社から回答が届きました。
提出した原稿の感想はすごく良く書けていました。
しかし、お金を払ってくださいとのことです。
これは仕事なのでお金払うことはできません。
仕事なので売上げにしないといけないのです。
趣味なら払ってもいいんですけど。
それで次の出版社に原稿を送りました。
1~2ヶ月で回答するそうです。
楽しみに待ってます。
それと他の書きかけの原稿ですが大宅壮一ノンフィクション賞に応募してみようかと思います。
4年間その戦いに入り込んで取材をしてきたテーマがあります。
記録だけでA4用紙100ページくらいあります。先日弁護士の所へ行って資料を引き上げてきました。
今年の夏、決着したので、そろそろ原稿を書こうと思っていたところです。
タイトルは、”いなか暮らしといなか者”です。
都会から田舎に移住する人への心構えを書きます。
Category: 自転車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です