Tag Archives: 放射冷却

放射冷却により外気温より室温を下げる技術

カーブミラーの研究により放射冷却を理解しました。その応用として住宅の室内を外気温より下げる研究を行いました。

効率の良い形を作ると外気温より約5℃下がると思います。住宅の特許として登録するまでの過程を動画にしてみました。

スライドショーですがご覧ください。

放射冷却による室内冷却

熱を使わずに霜と結露を予防するカーブミラー

熱を使わずに霜と結露を予防するカーブミラーの開発経緯です。

研究を始めたのは1993年です。物としては開発に成功しましたが特許を使う企業が現れず実用化は行っていません。

熱を使わずに霜と結露を予防するカーブミラー

1993年に放射冷却の研究を始めて現在に至ります。

放射冷却という現象を理解すれば温暖化対策のためのくふうができると思います。この研究を通して感じました。

現在は、放射冷却を住宅の室内を冷やすために利用する特許を保有しています。

この研究が元になりました。

放射冷却の研究を動画にしてみました。

カーブミラーの結露と霜予防の研究を動画にしてみました。

カーブミラーはなぜ曇るのか?

カーブミラーはなぜ曇るのか(2)を書いてみました。今回は空気吸込式です。

結露予防

https://note.mu/vocdirect/n/n2f5b5ace93eb

noteに書きましたのでご覧ください。今回は無料にしました。

放射冷却による室内冷却実験棟建設

放射冷却により室内を外気温より冷やすための実験棟建設が動き出しました。

これは、特許第6209806号の効果を実証するものです。ミニチュアでは何度も実験していますが人が入れる実験棟を見たいという要望が多いため建設します。

実験棟(原案)

実験棟はこのようなイメージになると思います。左が特許を使った物、右が普通の建物の形状です。

室内から直接青空に向かって赤外線を放射するため室内の高い位置に赤外線をよく通す窓が必要になります。ここが普通の建物との違いになります。

ですから夏の夜や朝晩などはエアコンを使わなくてもすごしやすい室内空間になると思います。また北側が涼しくて明るい部屋になります。

見学したい方はだいたい大企業のオーナーや研究所の方です。興味を持って頂いています。

これはクラウドファンディングを使おうか検討中です。

天窓は日中でも放射冷却により冷たいです。

天窓のガラスの温度は19℃です。普通の垂直窓の温度は33℃です。
放射冷却により天窓が冷やされています。

建物の外壁は低い位置ほど温度が高く高い位置ほど温度が低いです。
これは、地面や周囲の建物からの赤外線放射を受けているためです。
低い位置の窓は赤外線反射ガラスを使い青空が見える高い位置の窓は赤外線透過ガラスを使うと室温を低く保つことが出来ます。
ただし、高気密高断熱である必要があります。
特許第6209806号