Category Archives: 吹奏楽

音響透過損失の測定風景

吸音、防音パネルの性能を測定するため音響透過損失を測定してみます。

すでに何年も前から吸音材を使わずに音を止める研究を行っています。

今回は、製品化するに当たり重量、費用、遮音性能のバランスを決定するために最後の測定を行います。

性能を上げることは簡単なのですが、重量や費用も上がるのでちょうど良いところでバランスを取りたいと思います。

遮音性能は、楽器メーカーが販売している防音個室と同程度としました。それ以上性能を上げて価格を上げる必要はないと思います。

音響透過損失測定

うまく説明できていませんがこんな雰囲気で測定します。

硬くて軽い物で音を吸う方法

概要
 トランペットを練習するため防音室を作ろうと思いました。YAMAHA製は高性能ですが重くて高価です。段ボールで作った”だんぼっち”という商品は性能がよくありません。そこで、軽量でYAMAHA並の性能を持った吸音防音パネルを作ろうと思いました。音をとめるくらい紙で十分だろうと思い開発した物が今回ご紹介する紙製吸音パネルです。この開発ストーリーです。

1.吸音方法の発明
 紙で新たな吸音方法を発明しようと一ヶ月間会社にこもり段ボールを切ったり貼ったりしながら吸音方法を考えていました。そしてついに吸音する方法をみつけました。音は穴に入ったら出てこられなくなることに気づきました。そこで段ボールを使い実験用のパネルを作りました。
 このパネルに耳を近づけてみると映画館の壁に耳を当てたときと同じように無音になりました。相当吸音率が高いと思いました。
 そして、製品に近い形状の吸音パネルを紙で試作し吸音率と音響透過損失を測定してみました。厚さは100mmです。その結果が下のグラフです。これは何回か試作を繰り返し当時の最終的な性能です。35dB(500Hz)現在は厚さ60mmで37dB(500Hz)を実現しています。特許出願は2012年9月です。

https://note.mu/vocdirect/n/ndf0f32af5cba

金沢大学吹奏楽団の定期演奏会へ行ってきました。

金沢大学吹奏楽団の定期演奏会へ行ってきました。

なかなか良かったです。今年は全国大会にも出場しました。高校とは違って指揮も学生がやっています。それで全国大会出場とはたいしたものです。

来年も全国大会出場してほしいと思います。

トランペットを分解して洗いました。

トランペットを洗いました。

写真は洗う前の分解したところです。

シンクに水をいっぱいためて本体を浸けます。

そして専用のブラシで管の中を洗います。

黒い物がふわふわ出てきます。

バイ菌ですね。

それぞれのパーツも水に浸けてブラシを突っ込んで洗います。

細かなパーツも中性洗剤で洗います。

管も洗剤で洗います。

一旦、シンクの水を捨てて入れ替えます。

そしてまた水の中に浸けてゴミや油を流します。

シンクの水を捨てて流水で各パーツを洗います。

これでほとんどの汚れは取れたでしょう。

紙の上にパーツを並べて乾くのを待ちます。

乾いてから各部専用のオイルを塗って組み立てます。

吹いてみると音がきれいになったような気がします。

気がするだけです。

上手になったのではないと思います。(笑)

あースッキリしました。

音響透過損失30dBの防音個室を4万円以下で作ります。

音響透過損失30dB以上の壁面パネルは青い板と赤い板を2重にします。
板の間に吸音材を挟んで中で音を吸収してしまいます。
室内側にも吸いすぎない程度に吸音材を貼ります。
単純に2種類の板を合わせた透過損失は500Hzで50dBになります。
これに吸音材を挟んであるのでさらに遮音性能が上がります。
低音の125Hzでは27dBになります。
吸音材を挟んで30dBを実現しようと思ってます。
特性が違う青と赤の板を使う事で特定の周波数を通しやすくする事を防ぎます。
あとはフレームを安価に作る事を考えれば完成です。

材料費は4万円以下を目指しています。

たぶん大丈夫でしょう。

フェースブック広告の効果はすごいです。

時々、フェースブック広告を出します。

今回、クラウドファンディングをスタートしたので広告を出してみました。

普通に検索できた方が318人に対して広告は4882人でした。

使った広告費は2000円です。

これは安くて見てもらえると思いました。

クラウドファンディングの進捗率は現在のところ32%です。

2000円使って32%とは効率良いです。

広告だけの効果ではありませんが、集客には使えると思います。

フェースブック広告と内容の相性があると思います。