Category Archives: スピーカー

iPad用スピーカーを作ります。

iPad用スピーカー構想図

iPad用スピーカーの構想図です。

ただこんな形状にしたいという図です。これから内部の正確な寸法を決めていきます。

販売は最初はクラウドファンディングを使う予定です。クラウドファンディングでの初回ロットの配布が完了した後はAmazonで販売する予定です。

仕様としては、iPad用ですが、iPhoneにも対応する予定で設計しています。

素材は、木製です。輪島塗の木地を作る会社へ頼んで製作していただきます。

どんな物になるか楽しみです。

新しい製品の構想を練ります。

初めは手描きから

新たな物を考えるときは手描きで構想を練ります。

完全に設計が完了してからCADで図面を書きます。

一つ作ったからといってすぐ売れるわけではありませんが、いくつも作ってAmazonに載せて売れた物が正解になります。

細かな商品ですが自販機のように売れていけば手間がかからず販売を続けられます。

Amazonさまさまです。

木製iPhone用ホーンスピーカー製作の記録

木製のiPhone用ホーンスピーカーを作ったときの記録です。

発明家野良が作った木製COZYHORN

木製ホーンスピーカーを作ったときの動画残っていたのでUPしました。

現在は、Amazonで販売しています。

COZYHORNの開発過程を動画にしてみました。

アクリル製COZYHORNの開発過程を動画にしてみました。iPhone5用ホーンスピーカーです。

COZYHORN

短いですが工程が簡単に分かると思います。

デザインの特徴は4枚の面でホーンを構成していますが一体成型とすることで面と面が交差するところの光り方がとてもきれいです。

中音から高音にかけて共鳴するところができてしまいました。可聴域から外すことができれば良かったのですがこのサイズではちょっと難しかったです。

COZYHORN用桐箱完成

木製のCOZYHORNの桐箱ができました。以前は、紙の貼り箱を使っていたのですが製品に合うように桐箱に変更しました。

COZYHORN桐箱
COZYHORN桐箱 開けた状態

Amazonの写真も追加しないといけませんね。内容に合った高級感がでます。

COZYHORNのページ

木製品だと表面処理が簡単で見た目も高級感あります。これから少し木製品を作ってみたいと思います。

音響透過損失の測定風景

音響透過損失の測定風景です。

□1mの穴に測定する防音パネルをはめ込んであります。

この壁の裏には無反響室より大きな反響室があります。

その反響室にあるスピーカーから音を出して□1mの防音パネルを透過してくる音の大きさを測定します。

これで音をどれくらい透過するのかが分かります。

通常500Hzの値をその防音パネルの音響透過損失といいます。

石川県にはこのような測定施設がありとても便利です。

音響機器メーカーを立ち上げるには最適な環境です。