Tag Archives: クラウドファンディング

クラウドファンディング実施のアドバイス

5年前と2020年12月の2回クラウドファンディングを使い商品開発を行いました。

5年前はキャンプファイヤーを使いました。URLは下記になります。商品は、iPhone用ホーンスピーカーです。

https://youtu.be/r3E2Jk9at2Y
iPadステレオスピーカー

https://camp-fire.jp/projects/view/1534

今回、2020年12月に終了したクラウドファンディングは下記になります。商品はiPad用ステレオホーンスピーカーです。

https://www.makuake.com/project/stereo-phone/

2つのクラウドファンディング会社を利用しそれぞれの特徴を理解しました。私はアドバイザーも業務として行っています。もし会社としてクラウドファンディングを行ってみたい方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

商品開発から販売までアドバイスできると思います。私は、受け売りは行いませんので自分で実行してみた体験からアドバイスいたします。

20年以上前にクラウドファンディングを行ったときは、クラウドファンディング会社がないため支援者一人一人と契約書を作り実行しました。

いまでは、クラウドファンディングというインフラが充実したため薄く広く商品をPRしほしい方に商品を届けることができました。

昔思ったことは、発案者は開発費、販売力などすべての能力を持っているとは限らないということです。それをスムーズにたくさんの人の力を結集し商品化し世の中に行き渡らせる事ができるのがクラウドファンディングです。

キャンプファイヤー、Makuakeの2つを使った経験があります。今回(2020年12月)はMakuakeを使ってみました。

”クラウドファンディング成功の秘訣” セミナー開催しました。

セミナー開催しました。

タイトルは、クラウドファンディング成功の秘訣です。

従来、商品開発は発案者がアイディア、資金、設計、製造、販売のすべてを担当してきました。

私は以前から発案者はアイディアだけ出せばいいと思ってきました。

それが最近ではクラウドファンディングという仕組みが存在し簡単に実現できるようになりました。

これもインターネットにより不特定多数の方にビジネスプランを見せる事ができるからだと思います。

今回は、iPhone用ホーンスピーカーを企画して載せてみました。

一週間くらいで目標額の支援が集まりました。

うまくいったと思いました。

このように分かりやすい商品開発がよいと思います。

セミナーでは具体的に動画の作り方などを説明しました。

また、要望があればこのテーマのセミナーを開催したいと思います。

COZYHORN クラウドファンディングが終了しました。

http://camp-fire.jp/projects/view/1534

クラウドファンディングが終了しました。

目標額30万円に対して448800円集まりました。

資金調達できました。

ありがとうございました。

COZYHORN拭き漆 ×27個

COZYHORNクリア塗装 ×1個

製作に入ります。

これで私は製品の製造を1ロット行う事が出来今後量産する体制が整いました。

この後は下記の値段でネット直販していきます。

拭き漆仕様 27000円/個 (消費税8%含む)

クリア塗装 22680円/個 (消費税8%含む)

 

私も手元に量産品が届くのが楽しみです。

 

クラウドファンディングは今晩終了します。

http://camp-fire.jp/category/product

クラウドファンディングは今晩終了します。

たくさんの皆さんご支援ありがとうございます。

COZYHORNの拭き漆仕様を特価で入手する最後のチャンスです。

でも初めてのクラウドファンディングでしたが面白い経験が出来ました。

 

また新しいテーマでやってみたいと思います。

 

クラウドファンディングはsuccessしました。

iPhone用ホーンスピーカーをクラウドファンディングで商品化しようと思ってい進めていました。

1週間にして目標としていた総額30万円を達成しました。

あと20日あるのでどこまで支援が拡大するか頑張ってみます。

それと同時に次のテーマを考えます。

次は冷却シリーズのどれかをやろうと思ってます。

 

 

 

クラウドファンディングは90%まで支援が集まりました。

クラウドファンディングは90%まで支援が集まりました。

CAMPFIREのメルマガで紹介されたのが効いたようです。

上の写真のように画像付きのメルマガが配信されました。

あと10%です。

製品が2個予約が入ると成功になり製作を開始できます。

クラウドファンディングとは合理的な仕組みです。

企画する人つくる人応援する人などが一つのルールのもとでプロジェクトが進んでいきます。

これからもクラウドファンディングを使おうと思います。