Tag Archives: クラウドファンディング

創造_販売方法

帝国ニュース北陸版(出典:帝国データバンク発行 帝国ニュース北陸版)

株式会社ソロモン 代表取締役 砂原康治 (商品開発アドバイザー)

 ここまで商品を考えて、つくって、売る手順と実行する力について説明してきました。次に具体的に商品を販売する方法を説明したいと思います。このコラムでは自社ブランドの自社製品を持ったメーカーのお話しをしています。
・ネット販売の種類
 自社ドメインのサイト、モール(amazonやYahooショッピングなど)、オークション(ヤフオクやメルカリなど)、アフィリエイトなどが考えられます。昔、プロジェクタースクリーンメーカーを運営していたことがあります。売れるかどうかの確認はヤフオクで行いその後、自社ドメインのサイトを立ち上げました。最初は集客力がないためYahooショッピングなども使いながら徐々に自社サイトの集客力が付くのを待ちました。そしてネットの販路が5つになり管理が大変になり販売手数料も多くなっていきました。そこで思い切って自社サイトのみにしてみました。売上は少し落ちましたが利益は変わりませんでした。このように、短時間で立ち上げ、軌道に乗ると販路を切り替えながら効率の良い体制に落ち着かせるとよいと思います。理想は、自社ドメインのサイトのみで目標の利益が出る事です。
・クラウドファンディング
 2021年前半、私のクラウドファンディングの成績は4戦4勝でした。合計5戦5勝になりました。クラウドファンディングと聞くと寄付を募ると思われている方もいると思いますが、世間はそんなに甘くはありません。リターンに見合う金額かどうか厳しくチェックされます。どんなに崇高なプロジェクトでも善意は期待できません。あくまで支払った金額に見合うリターンかどうかを判断されます。予約販売と思えば良いのです。
・小売店への卸し
 小売店への卸は必要か。2021年クラウドファンディングで販売件数が上位に入り、トップ60社を集めた展示会に出展することができました。その後、全国チェーンの小売店で店頭販売することになりました。クラウドファンディング会社の手数料は通常2割です。これまでのネットでの直販ではなく、流通過程に小売店が加わるため、4割欲しいと言ってきました。私の回答は、「当社の卸価格は変更しない。小売店が小売店分の利益を上乗せして販売すればよい。」です。小売店の利益を確保するためメーカーに値引きを要求してきたのです。ネット販売が普及し、すでにメーカーと小売店の立場が逆転していることに気づいていないようです。販売量を増やそうと無理に薄利で小売店に卸すより、ネットで自然に売れていく量がその商品の力だと思えば良いのです。
・主導権
 ビジネスにおいて主導権を持っているのは源流であるメーカーだと思います。最終製品を製造し、消費者に直接販売できているメーカーは無敵なのです。だから私は最終製品しか手がけないのです。

Makuakeなどクラウドファンディングのページ作成は大変です。

最近はやりのMakuakeやキャンプファイヤーなどのクラウドファンディングのページ作成は案外大変です。

私は、5戦5勝ですが、原稿作成には時間がかかっています。隙間時間に作成するのもありますが、いろいろと資料をそろえたり外注先との見積書や契約書などの準備も必要です。

また会社の登記簿も必要になります。どこのクラウドファンディングも発行から半年以内のものが必要です。

まず先に考えないといけないことは全体のストーリーです。

このページを見た人がお金を出したいと思うようなページを作れば成功です。

1994年にネットオークションサイトをオープンしたときは世界征服前夜という感じでした。登録者数がすごく多かったのを覚えています。この事業はサーバーのプログラムが動いていれば利益になるのでやろうと思いました。

当時、特許を元に資金を集めて製品開発を行おうとしていたテーマがありました。これは今でいうクラウドファンディングの仕組みです。しかし、インターネットプロバイダーが営業していなく検索エンジンも無い時代でしたから広く薄く資金を集められませんでした。仮にハードソフトが整っていたとしても担当者の仕事が複雑で大変だなと思いました。それでクラウドファンディングはやろうとは思いませんでした。

最近やっと時代が追いついてきました。

簡単に資金を集めたり予約注文を取ったりできるようになりました。

キャンプファイヤー1回、Makuake4回使いましたが、やはり担当者は大変そうです。やらなくてよかったと思います。

クラウドファンディング成功の秘訣が一つあります。人が欲しいものをつくるということです。

これができればクラウドファンディングでなくても普通のネット直販でも売れると思います。

最近気づいたのですが、まだ昭和の営業を行っている会社が多いのです。たくさん製品を作らないと利益が出ないと思い自ら下請けを希望し「注文ちょうだい」というのです。

そうすると、利益は無くなります。私が発注者なら指し値します。

そうではなくて、アイディアに投資し商品化しユーザーに売れば良いのです。投資が必要なのです。

仕事とは投資に勝つこと。作業とは工賃をもらうこと。

リスクを負ったサラリーマンにはなりたくないですね。

メーカーになると不要になるものがあります。工場やそこで働く社員などです。

製造は誰でもできるので一番条件の合う会社へ発注すれば良いのです。よほど長く続く製品なら自社で製造しても良いかもしれません。

ということで、クラウドファンディングの話に戻ります。

ページ作成に必要なものは、写真、説明文、動画です。

実験データなども必要になってきます。ほしくなるような文章も必要です。楽しい動画も必要です。

これらを請け負う仕事もでてきたようです。金を掘る人にスコップを売る仕事です。その方が確実ですが労働が必要です。それも楽しいのですが私は自分の製品ならやりますが、他人の製品はよほど興味を引かないとやりたくないです。めんどくさいから。

クラウドファンディング実施のアドバイス

5年前と2020年12月の2回クラウドファンディングを使い商品開発を行いました。

5年前はキャンプファイヤーを使いました。URLは下記になります。商品は、iPhone用ホーンスピーカーです。

https://youtu.be/r3E2Jk9at2Y
iPadステレオスピーカー

https://camp-fire.jp/projects/view/1534

今回、2020年12月に終了したクラウドファンディングは下記になります。商品はiPad用ステレオホーンスピーカーです。

https://www.makuake.com/project/stereo-phone/

2つのクラウドファンディング会社を利用しそれぞれの特徴を理解しました。私はアドバイザーも業務として行っています。もし会社としてクラウドファンディングを行ってみたい方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

商品開発から販売までアドバイスできると思います。私は、受け売りは行いませんので自分で実行してみた体験からアドバイスいたします。

20年以上前にクラウドファンディングを行ったときは、クラウドファンディング会社がないため支援者一人一人と契約書を作り実行しました。

いまでは、クラウドファンディングというインフラが充実したため薄く広く商品をPRしほしい方に商品を届けることができました。

昔思ったことは、発案者は開発費、販売力などすべての能力を持っているとは限らないということです。それをスムーズにたくさんの人の力を結集し商品化し世の中に行き渡らせる事ができるのがクラウドファンディングです。

キャンプファイヤー、Makuakeの2つを使った経験があります。今回(2020年12月)はMakuakeを使ってみました。

”クラウドファンディング成功の秘訣” セミナー開催しました。

セミナー開催しました。

タイトルは、クラウドファンディング成功の秘訣です。

従来、商品開発は発案者がアイディア、資金、設計、製造、販売のすべてを担当してきました。

私は以前から発案者はアイディアだけ出せばいいと思ってきました。

それが最近ではクラウドファンディングという仕組みが存在し簡単に実現できるようになりました。

これもインターネットにより不特定多数の方にビジネスプランを見せる事ができるからだと思います。

今回は、iPhone用ホーンスピーカーを企画して載せてみました。

一週間くらいで目標額の支援が集まりました。

うまくいったと思いました。

このように分かりやすい商品開発がよいと思います。

セミナーでは具体的に動画の作り方などを説明しました。

また、要望があればこのテーマのセミナーを開催したいと思います。

COZYHORN クラウドファンディングが終了しました。

http://camp-fire.jp/projects/view/1534

クラウドファンディングが終了しました。

目標額30万円に対して448800円集まりました。

資金調達できました。

ありがとうございました。

COZYHORN拭き漆 ×27個

COZYHORNクリア塗装 ×1個

製作に入ります。

これで私は製品の製造を1ロット行う事が出来今後量産する体制が整いました。

この後は下記の値段でネット直販していきます。

拭き漆仕様 27000円/個 (消費税8%含む)

クリア塗装 22680円/個 (消費税8%含む)

 

私も手元に量産品が届くのが楽しみです。

 

クラウドファンディングは今晩終了します。

http://camp-fire.jp/category/product

クラウドファンディングは今晩終了します。

たくさんの皆さんご支援ありがとうございます。

COZYHORNの拭き漆仕様を特価で入手する最後のチャンスです。

でも初めてのクラウドファンディングでしたが面白い経験が出来ました。

 

また新しいテーマでやってみたいと思います。